2020.03.5

Windowsのムービーメーカー無き今、動画編集を無料でするなら「フォト」という手がある!! 

「Windows10にムービーメーカーがついてないのですが・・・。代わりになるものってありますかね?」
「しかも無料のソフトで・・・( ^ω^)・・・」
とある方に質問されたことがあります。

その時は、パッと答えが出なかったのですが、
一応Windows10にもムービーメーカーに代わる、動画編集ができる機能がついていました。

フォトです。

Photo
「えっ写真加工するだけじゃないの?」と思われた方
実は、動画も編集できるんです。
今回は初心者でも分かりやすく使い方を説明します
そして実際使ってみた感想も最後にまとめてみましたので
どうぞ、最後までお付き合いください。

 とっても分かりやすい 「フォト」の使い方 

(多分・・・(笑))

そもそも、「フォト」なんてどこにあるのか?
それは、画面の左下にある「スタートボタン」
こちらをワンクリックすると、メニュー画面が出てきます
この中に「フォト」というアプリがあります。
※もし、フォトが入っていなければMicrosoftから無料でダウンロードできます

windows フォト

フォトを開くと右上に「コレクション・アルバム・人物・フォルダー・ビデオエディター」と
検索窓の横にメニューが出てきます
このビデオエディターを開くと下記のような画面が出てきます
(アイコンの新しいビデオ ビデオと表示の共通でもできます)

手順

1. プロジェクトライブラリに映像もしくは写真素材を入れていきます

2. ストーリーボードに素材を並べていきます。(割り込み、削除もできます)

3. タイトルや効果、テロップの挿入
  (windowsにあるペイント3Dでオリジナルタイトルを作成し入れる事も出来ます)
  また、モーションといって素材に動きを付けることも出来たり、
  トリミングといって素材を表示する長さを変えたり、分割する事も出来ます。
  また素材の色合いをフィルターで変えたり、素材の速度を変えたりも出来ます。

※デメリット やはりタイムライン付きの編集ソフトのように細かな時間指定が出来ない。
        タイトルの追加は出来るが文字のフォント指定や色の指定は出来ない。
        静止画のモーションは有効だが、
        映像素材の場合は効果を感じないので使用する意味がない。

         トリミングや分割は映像素材のみ有効。

そして、なんと言っても素材のカットとカットを繋ぐ
「トランジッションがない!」というのが致命的

シンプルなオーバーラップも出来ないのでどうしても陳腐な感じに・・・。

4. BGMを付けよう!
 右上にBGMを付けられる機能があります。
     フォトにもともと入っているBGMもありますが、自分の好きな曲も挿入できます
    その場合は、カスタムオーディオの所に曲を追加できます。
    また曲をどの部分からつけたいか長さも指定できますし、
    フェードイン・アウトの指定もできます。

※デメリット フォトについている曲の長さ調整が出来ない。

で、一応 作ってみました。

結論から言いますと
フォトなので、写真を動かしてつなげる分にはいいかな?
と思います。
いわゆる「フォトムービー」というものですね。

もちろん映像も出来ますが、いろいろ制約があるので
出来上がりが難しい。
そこは無料の機能なので仕方ありません。

例えば、パワーポイントみたいに
プレゼン用なんて言うのは、結構はまるかもしれません。
作品づくりというよりは、ビジネスに取り入れると
ちょっとクオリティの高いプレゼンになるかもしれませんね。

「無料で、サクッとフォトムービーを作りたい」人には
向いているのかもしれません。